好きって気持ち

僕の好きを書き溜めていく所

異形のバケモン

こんにちは、2年前と比べて10kg増えてました。やばいです。

 

今回はなんというかちょっとした悩みの話。

 

周りとのズレですね。

世の中がいいというものに素直に首を縦に振れない、純粋に楽しめないんですよ。

別に斜に構えてやろうとかそういう風にした方がかっこいいとか1ミリも思ったことはなくただ純粋に肌に合わないんですよ。

そして純粋な気持ちでこれめっちゃいいと思うものは大抵世間では煙たがられたり叩かれたりしていてめちゃくちゃ悲しいです。

 

なんなんですかねコレ。なんでこんな斜に構えた人間になってしまったのかこれを考えていると本当に落ち込みます。

もっと脳死で萌え〜ってアニメ見てえなって何回思ったか……

 

まあなんでこんなこと書き始めたかっていうとニジガク2期に全くもってハマれていないのが原因です。

僕自身1期はかなり楽しく見ていたので2期もかなり期待してました。

その上、2期はお前の性癖キャラ(ショウランジュ)いるしゲームだとちょっと荒れた展開もあったと言われていたのでその期待はかなりのものでした。

 

が、蓋を開けて見るとランジュは何がしたいのかようわからんただのめんどくさい女だし三船栞子は聞いた話の見る影もなく、「え、聞いてたのと違うけど…」となり良くない手段を使って2人のゲーム版シナリオを読んだんですよ。

いやスクスタのシナリオめっちゃ良くないか?????となり色々と調べたら当時これで大炎上したらしくなんというか言葉にできないきもちになりましたね……。

まただ…また世界に否定されるものを愛してしまった……なんなんだ本当によぉ……。

栞子ちゃんは馬鹿なこと言ってるキャラが大失敗して反省し成長する展開で最高だし、ランジュ編は各キャラの本質的なところが見えてキャラの造詣を深めるには絶対に必要な要素が詰まってるしランジュの掲げる理想もすべて筋が通っていて読み終えた時にテンション上がりすぎて拍手したぐらいなんですよ。

え、だってランジュ編の栞子ちゃんのムーブ最高じゃない?失敗して同好会に救われ、同好会で学んだことの結果がランジュの側に着く。え、まじで最高。キャラクターがストーリーを動かす駒になるのではなくキャラクターがストーリーを動かす軸になってて本当に素晴らしいシナリオだと思うんですけどね…。

これみちゃうとただの良い奴な三船栞子が全くの別キャラに見えて納得いかないんですよね。ランジュもなーー動機がマイルドすぎるんよ……。

 

うーーーーーーーん。このコンテンツ完全にNot for me.で泣いちゃいましたね。

 

こうして僕の世の中に溶け込めない怪物レベルがまたひとつ上がりました。

 

悲しいね。